白熱の戦い〜本気でストレスを発散!第1回マビッコ運動会を開催しました|平成29年11月13日

当サークル念願の初めての運動会、マビッコ運動会を平成29年11月13日月曜日に行いました。

マビッコ運動会は、ママとベビーのための運動会という意味で、主宰者である星野鍼灸接骨院院長の僕と、うちの院でベビーマッサージ教室を行ってくれている吉田先生と一緒に今年の春から企画準備をしてきました。

会場は今治市営体育館。

第一格技場の柔道場2面を借り切ってみんなで走り回っても、こけても大丈夫なように畳敷きで安心です。

マビッコ運動会のテーマは、『本気でストレスを発散して筋肉痛を作る!』です(笑)毎日楽しい子育てですが、やっぱりストレスもたまります。そして産後はどうしても運動不足にもなります。そんなストレスと運動不足を一気に解消するには、やっぱり運動会です!

今回の運動会には、18組の参加予定がありました。当日体調不良で3組欠席になったので、15組での開催です。

運動会はもちろん入場行進から始まります。子どもたちにもママさんたちにも好評だったバルーンの入場門からみんなで2列になって行進です。

入場行進の後は、ケガをしないように準備体操も行います。普段運動していない分しっかり屈伸やストレッチ。

準備運動も終わって、さっそく競技開始です。今回の競技は全部で6つ。①じゃんけんサバイバル ②はいはいレース ③かけっこ ④ママタクシー ⑤ケツ圧測定会 ⑥パン食い競争でした。

はじめに競技の説明から。じゃんけんサバイバルで最弱と最強を決め、最弱と最強がじゃんけんをして、最終的にどちらが勝つか勝負です。

最後は最弱(右)の方のお子さんがママの代わりにじゃんけんをして、最強の方に勝つという大波乱(笑)まさにサバイバルの名の通りです。

じゃんけんサバイバルにはもう一つ意味があります。

実はじゃんけんではじめに勝った方と負けた方でチーム分けをして、この後の協議をそれぞれチームメイトとして対抗戦で戦っていきます。ここでのチーム分けが今後の命運を左右するというサバイバルです。

じゃんけんサバイバルが終わった時点で発表された、負けチームによる罰ゲーム。それは、変顔で写真を撮られるということ。本気の変顔で勝ちチーム全員からOKが出るまで変顔で写真を撮られます。最後の競技まで勝負の行方はわかりません。

続いての競技ははいはいレース。ちっちゃなベビーちゃんたちが、2組に分かれてはいはいを競います。

早くママの元に進んでいく子もいれば、ずっと止まったままニコニコ笑っている子や、お尻を動かしているけど前に進めない子もいて、みんな一生懸命応援しました。

ママまでもうちょっと。

はいはいがちょっとしか出来ない子は、ママがお手伝いも。

次はかけっこです。歩けるようになったお子さんたちが、2組に分かれてかけっこです。1歳クラスと2〜3歳クラスに分かれて競争です。泣きながらも、一番で到着(笑)1歳クラスはかけっこというにはまだ早いかも。

2〜3歳クラスはみんな本気の走りです。ここでもまさかの展開が!ゴール手前で1番の子が曲がってしまって畳をぐるっと戻ってくると、みんなそれにつられてUターン。結局誰が一番だったの?(笑)

子どもたちの競技も終わって次は、ママさんたちの本気の競技が始まります。

続きは、こちら。

続・白熱の戦い〜本気でストレスを発散!第1回マビッコ運動会を開催しました|平成29年11月13日

マビッコ運動会で撮影した写真はまだまだたくさんあります。そのほかの写真は写真ギャラリーページからご覧ください。画像をクリックすると、大きな画像になります。

マビッコ運動会写真ギャラリー①

LINEでのご連絡はこちらの「友達を追加」ボタンからご連絡ください。 友だち追加(星野鍼灸接骨院の公式LINEご登録で骨盤引き締め動画プレゼント中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。