第3回マビッコ運動会を開催しました〜後半戦・親子競技とママの競技

子育てサークルピーカーブー主宰、星野鍼灸接骨院院長の星野です。

一昨年から行なっています、マビッコ運動会の後半戦のようすをお伝えします。

前半戦は、こちらをご覧ください。

第3回マビッコ運動会を開催しました〜前半戦・子どもの競技

後半戦は、親子競技とママの競技になります。

後半戦最初は、親子競技の「ママタクシー」です。

ママのお腹に子どもを乗せて、向こうの端まで送り届けた後、抱っこして走って帰ってきます。

今年は、お子さん二人を抱えてママタクシーをしてくれたママさんもいました。

上に乗っているお子さん達もとても笑顔でした( ◠‿◠ )

ママタクシーで体がほぐれた後、ちょっと怖い「ケツ圧測定会」です。

ケツ圧測定会は、3つの水風船をお尻で割りながら進んでいき、最後に自分で大きな風船を膨らませてお尻で割ったら走ってゴールするという競技です。

デモンストレーションに僕が行いましたが、風船の割れる音が怖かったようで、泣き出した子どもたちが大勢いました(^◇^;)

僕の中で意外だったのが、風船を膨らませられないママさんたちが多かったこと。

みなさん腹筋を鍛えましょうね(^^;;

風船を割るママさんたちも怖かったようです( ̄∇ ̄)

ケツ圧測定会が終わると、一番盛り上がる競技「パン食い競争」です。

パン食い競争は、スタートからハイハイで進み、ヒモに吊るされたパンをくわえて取り、取った後スクワットをして、帰ってくるという競技です。

ちなみにパンは、片山にあるブレッドワークスさんのクリームパンです。

パンを取りに頑張るママのそばで見守るお子さんもいれば、ママに負けじと先にパンを取ってしまうお子さんもいました( ̄∇ ̄)

ママ達の写真もたくさんありますが、こちらでは少しだけ。

残りはギャラリーページをご覧ください。

いよいよ最後の競技となります。

最後の競技は親子競技、「フラフープくぐりリレー」です。

ここで使うフラフープは2種類あり、直径の大きなものと小さなものです。

一番初めに行ったじゃんけんサバイバルで最終的に勝ったチームが大きなフラフープ、負けたチームが小さなフラフープをくぐって行きます。

子どもを抱っこしたままフラフープをくぐっていくので、小さなフラフープはなかなか大変ですが、今回は小さなフラフープを使ったじゃんけん勝ちグループが勝利しました。

一通り競技が終わった後、表彰式と記念メダルの授与です。

記念メダルは、僕の手作りのアン◯ンマンメダル。

みんなが喜んでくれたようで良かったです( ´∀`)

今年は最終的にじゃんけん勝ちグループが優勝。

みんなで記念撮影も行いました。

負けチームには罰ゲームとして、変顔写真撮影会がありました。

こちらでは公開できませんので、参加者で欲しい方は、LINEでご連絡ください。

今年もとても盛り上がったマビッコ運動会。

来年もまた、同じ10月末に行う予定ですので、ご期待くださいね!

LINE@でのご連絡はこちらの「友達を追加」ボタンからご連絡ください。 友だち追加(星野鍼灸接骨院のLINEからご連絡ください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。